ボトックスに挑戦しよう【施術の申し込みを行う】

切らずに小顔になれる

カウンセリング

ダウンタイムも殆どない

女性の中には顔の大きさはエラはりに悩む人も少なくありません。目や鼻などのパーツはメイクでカバーできますが、顔の大きさまではメイクでカバーできません。ダイエットでもなかなか小顔になるのは難しく、エラ削りなどの整形は負担が大きいものです。そのような場合に選択肢となるのが、ボトックス注射です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌から精製された製剤を使った美容医療です。筋肉の収縮を抑制することで、小顔効果やシミの解消を図ることが出来ます。また、ふくらはぎの痩身や多汗症の改善などにも、効果を期待できるとされています。顔が四角くみえる原因となるのが、咬筋という筋肉が発達したエラです。咬筋はものを噛むときに使われ、発達しすぎると突き出して見えます。筋肉は脂肪と異なり、ダイエットしても小さくできません。それに対して、ボトックス注射を受ければ、筋弛緩作用によって筋力の発達を抑制できます。咬筋が衰えても、ものを噛む力には殆ど影響がありません。施術の注意点としては、治療後の薬剤の拡散を防ぐため、患部への刺激やマッサージを避けることです。それ故、睡眠の際には患部が枕などに当たらないように気をつけることが大事です。また、当日の飲酒も控えた方が良いと言えます。美容整形外科で行われるボトックス注射は、もともと眼瞼痙攣や顔面痙攣の治療に用いられていました。今やそれが小顔治療に使われるだけでなく、シワやタルミの解消やふくらはぎの痩身、そして多汗症治療にも役立てられています。多汗症に関しては、アセチルコリンの分泌を抑制し、汗腺の働きそのものを抑えることが出来ます。皮膚を切除する必要もないため、手軽に治療が受けられると人気です。若いうちの表情ジワは、加齢に伴う固定ジワに比べて目立ちやすくなります。一時的なものでも繰り返す内に、常に顔や眉間などにあらわることがあります。固定ジワはヒアルロン酸などで解消できますが、表情ジワには効果が薄いとされます。一方、ボトックス注射は、表情ジワにも効果を発揮します。美容整形外科で受けられるボトックス注射は、ふくらはぎの痩身効果も得られとして人気です。ふくらはぎにはヒラメ筋という筋肉があり、この部分が発達するとあしが太くなります。そしてボトックス注射によって動きを抑制することで、部分痩せ効果を期待できるわけです。美容医療として当治療を受ける女性は増えており、その背景には皮膚を切ったり骨を削ったりする必要がないからです。また、治療時間も短時間で済み、ダウンタイムも殆ど必要としないのも人気の理由です。

Top